加齢臭サプリランキング@女性の悩み解決におすすめ

加齢臭 サプリ

加齢臭が男性に多い理由


加齢臭は男性に多くあるイメージですが、女性にも発生することはします。

 

それでも男性が多いのは、女性がニオイに対して敏感で指摘するから、ということではなく、どうしても男性に多くなる理由があるのです。

 

男性に加齢臭が多くなる理由には、男性ホルモンの影響と食生活の影響が考えられます。

 

男性ホルモンには皮脂の分泌を盛んにする働きがあるので、そのためにニオイのもとになる物質が多くなります。これは加齢臭そのものだけでなく、細菌が発生させる様々な臭いを作るもとにもなりますので注意しましょう。女性の場合は女性ホルモンのはたらきで皮脂の分泌量はコントロールされるのですが、更年期あたりからは女性ホルモンが減少するために加齢臭も生じやすくなります。

 

そして、男性は食生活を見てもボリュームのある脂っこい食事を好みます。飲酒量なども女性と比べてずっと多いです。そういった食事習慣が多くの脂肪を体にため込む結果となり、その脂質が加齢臭の原因となります。

 

加齢臭が生じるのは40代に入ってからと言われるのですが、女性の場合は50代前後から気にする人が多くなってきます。男性は10年も早くそれが発生するために、女性と比べて周囲に不快感を感じさせる期間が長く、そのために指摘も受けやすくなります。

 

加齢臭は男性に発生しやすい傾向にありますが、女性のほうが敏感で、病院などで相談することも多いようです。そのため、実はニオイを出している人と気になっている人というのは、全然違う人数になっているのだそうです。

 

加齢臭ケアに漢方薬も使える

 

加齢臭対策を考えたいという人は、ぜひ漢方についても検討してみると良いでしょう。

 

加齢臭というのは、化学的には体内の脂肪酸や皮脂などと細菌の関係によってノネナールというニオイ物質が作られることで起こると言われているものです。

 

漢方薬には、このノネナールを分解する能力はありませんが、漢方薬を利用することで体の様々な不調を直すことができます。

 

ノネナールが生じる原因をたどっていくと、加齢によって体の抗酸化機能が低下していることにあります。これは体の他の多くの部分に影響していて、特に内臓や血管などにその症状は現れています。

 

そのため、漢方薬によって体の悪い部分を整えて体の本来の機能を発揮できるようにするなら、抗酸化力も高まって自然に体内のノネナールの生成を抑えることができ、また体の中の老廃物や毒素の排出を促して体臭の改善ができるのです。

 

漢方で加齢臭対策をする場合には、しっかり漢方医のところに行って診察を受けて処方してもらいましょう。加齢臭で病院に通うことが恥ずかしく感じるかもしれませんが、そういった人はけっこういますので大丈夫です。

 

漢方医は、体の様々な不調症状から東洋医学的な視点で問題を考え、その解決に有効と思われる漢方薬を選んで処方してくれます。本人の症状や持病、体質、体力などによって処方される薬は変わりますので、質問には正直に答えて、適切なものを選んでもらいましょう。同じく加齢臭に悩んでいても、同じ薬とは限らないので他の人の話はあまり参考になりません。

 

加齢臭と皮脂

 

加齢臭には皮脂が関係していますが、この皮脂を分泌しているのが皮脂腺です。
皮脂腺は、頭やおでこ、鼻、耳の後ろ、首、胸、ワキ、背中に多く分布していて、ほぼ上半身すべてと言っても良いほどです。逆に下半身にはそこまで皮脂を分泌するところはありません。

 

ニオイが出やすいところの中でも代表的なのが耳の後ろです。

 

耳の後ろをいつもしっかりと洗っているという人も多くなく、さらにニオイが出やすい傾向があります。

 

頭から発生する加齢臭も多いと言われますが、頭は髪の毛で蒸れやすく、皮脂の分泌も盛んです。本来の加齢臭の他にも、髪の毛そのものがニオイを吸着しやすい性質があり、タバコや排気ガスのニオイ、整髪料の香りなどをくっつけてくることが多いことから、知らない間に不快なニオイを生じていることも多いようです。

 

首周りも皮脂が多く分泌される部分で、洋服を着ないで露出している場所でもありますから、紫外線から体を守るために皮脂の分泌が増える傾向があります。そのために襟もとにも汚れや皮脂がつきやすく、皮膚そのものだけでなく衣類からも加齢臭が出やすいのです。

 

こういった理由で、皮脂の多いところは決まっています。
ですから皮脂線の多いところは集中的にケアすることで加齢臭の防止対策になるでしょう。

 

加齢臭を体の中から抑えるためには普段から食事・運動・睡眠を意識して健康的な生活をすることが最も大切です。特に食事では野菜を中心とし、脂っこい食事や飲酒などは控えるように注意してください。

 

加齢臭対策ニサウナを活用する

 

加齢臭対策として大事なことのひとつが、しっかり汗をかくことです。

 

汗くさいのも加齢臭になると思っている人も多いですが、汗そのものが加齢臭の原因ではありませんし、汗をかかないことによってより体はニオイが出る場合もあります。

 

加齢臭対策として有効なものにサウナがありますが、サウナの高い健康効果や解毒作用は医療の分野でも注目されています。

 

サウナによって加齢臭の元である脂肪酸を体内から排出することができ、皮脂腺が詰まったりすることがなくなりますし、また普段から汗をかいておくことによって自然と汗腺の機能も高まって汗によるイヤなニオイも少なくなります。

 

サウナのポイントは、皮脂腺から排出される皮脂にあり、皮脂から加齢臭の原因であるノネナールが発生します。サウナで皮脂の脂肪酸を排出することによって加齢臭の原因物質を取り除くことになります。

 

ただし、月に1回程度のペースでは不足で、週に2回ほどは通う必要があると言われています。さすがにこの頻度になると、近くに銭湯などがないと難しいかもしれません。

 

一番良いのは、スポーツクラブなどに入会することです。一カ月あたりの料金が決まっているところなら、運動もして、毎日でもサウナに通うことができます。冷暖房完備でお風呂もつき、また運動をして楽しむこともできるなど、通うことさえできれば十分にもとが取れますので上手く活用すると良いでしょう。

 

こうした施設をうまく利用することは、加齢臭対策だけでなく、多くの健康効果を得るためにも重要です。自宅にこもらず、積極的に様々な活動をしましょう。

 

加齢臭と汗をかくこと

 

加齢臭などの体臭を気にする人の中には、毎日お風呂に入っている人も多いとおもいますが、この時にシャワーで簡単に済ますという人はちょっと気をつけてください。加齢臭などの体臭を減らすためには、湯船にゆっくりとつかった方が効果が高いのです。

 

現代人の多くは普段から汗をかくということが極端に減っているのですが、これによって汗腺の機能は低下しています。汗腺の機能というのは簡単に言えば汗を分泌する機能なのですが、それだけではなく、血液から汗を作る際に、血液中のミネラルなどをこしとって血液に戻す役割もしています。

 

そして、汗腺から汗を出す際に、汗腺に入り込んでいる皮脂や汚れや雑菌などを洗い流す役割もしています。

 

こういった汗腺の働きが、汗をかかないことで失われていると、汗をかいた際には、ミネラル分などを含んだニオイの強い汗が出たり、栄養豊富であるために汗を好む雑菌の増殖から悪臭が生じたり、汗腺に詰まった皮脂や汚れが酸化を起こしたりしてイヤなニオイを放つようになります。

 

ですから、普段から汗をかいておくことが大切で、そのためにもしっかり湯船に入って体を温める必要があるのです。

 

シャワーでお風呂を済ませるのは、清潔なようではありますが、かえって加齢臭をきつくする場合もあると言います。ゆっくりお風呂に入ることはリラックスしてストレス解消にも役立ち、加齢臭予防にもなりますのでうまく活用しましょう。

 

シャワーが絶対的に悪いのではなく、毎日そのようにしていて十分に汗をかく習慣がないことが最も問題です。普段から良い汗をかくように習慣づけてくださいね。